英語の資格は英検だけでなく、いろいろあるんですね!

「英語応対能力検定」をご存知ですか?
公式HPによると

おもてなしの心で応対するための基本的な英語力を身につける検定です

訪日外国人数は2016年に初めて2000万人を突破して2403万9000人を記録し、5年連続で過去最高を更新しました。政府は「2020年に4000万人」を目標に掲げています。(図1)。

しかし、多くの日本人は、世界の共通語である英語の会話が苦手で、外国人への英語応対に尻込みしてしまいがちです。

観光庁による外国人旅行者へのアンケート「旅行中困ったこと」(図2)では、言語に関する回答が上位に挙げられています。

私たちが目指す「英語応対能力」とは、訪日外国人が食事、買い物、観光などの場面で困らないよう、基本的な英語で必要な案内やサービスを提供できる能力です。

それは、おもてなしの心を簡単な英語で言い表わせる技能とも言えます。
英語応対能力検定


だそうです。
飲食店やスーパー等のサービス業向けの英語力を試す検定ですね。

これから英語の試験はどんどん会話力、スピーキング力を求めるようになってきます。話せる英語を身に付けるためには練習あるのみです!英会話教室でたくさん会話練習をして使える話せる英語を覚えましょう!!